下手に人を雇うよりも遥かにメリットが多い記帳代行サービスについて

SITEMAP
握手

費用対効果抜群の記帳代行サービスを導入しよう

領収書と電卓

外注業者が提供するサービスを利用するかどうか決める際には、費用対効果について特にシビアに考える必要があります。外注業者に支払うサービス利用料と、社内で人を雇った場合の費用を比較することは勿論ですが、業者への業務指導がどの程度必要か、サービス品質が劣悪で、結局やり直しや修正が大量に発生するようなことにならないかまで含めて検討することが重要です。
記帳代行サービスに関して言えば、こうした点を総合的に考えてみても、導入の費用対効果は非常に高いと考えられます。まず、経理が専門の常駐スタッフを雇用すれば、一人分の人件費を会社が全面的に負担することになりますが、記帳代行の利用料は、それよりもずっと安価です。
また、実施する業務内容として、請求書等の文書の内容と整合を取りつつ、簿記や会計のルールに従い正確な記録を制作することというあいまいさがないものなので、特に丁寧な指導などせずとも、業者の専門スタッフはきちんと業務をこなしてくれるでしょう。初めての記帳代行サービスの利用で、何か不安に思う点があれば、経理代行業者にこれまでの実績を確認したり、既に導入済みの他社から情報収集するなどして、検討してみてはいかがでしょうか。

安心して業務依頼できる記帳代行業者

記帳業務について、量的にも内容的にも、自分できちんとこなす自信がない場合は、記帳代行サービスを導入する方向で検討しましょう。経理分野に明るい専門スタッフをフルタイムで雇用するという選択肢もありますし、実際、人件費負担が発生しても問題がない経営状況であれば、社員として正式に採用するという方法もありでしょう。
しかし、人件費の増大は出来れば避けたいという状況なら、まずはアウトソーシングの利用で上手く行くかどうかを探ってみるのがいいでしょう。それで問題なく業務を処理できるようであれば、採用に向けての煩雑な手続きや準備、研修、指導といった面倒を省くことが出来るためです。
記帳代行は、色々な経理関連の業務を幅広く受託している経理代行サービスの一つです。記帳をお任せすることになる業者スタッフは、簿記や会計の知識を十分に持っているため、安心して記帳代行を依頼できます。簿記や会計分野の知識は、記帳業務を遂行するにあたりベーシックなルールを提供してくれるにすぎず、実際にはかなり幅広い応用能力も必要です。記帳代行業者では数多くの企業から業務を受託している関係上、実務経験も豊富なため、応用力に関しても十分に信頼できるでしょう。

記帳代行の利用を前提に人員の適正配置を考えよう

会社が抱える様々な業務は、適材適所の上手な人員配置が出来て入れば、スタッフは過重労働や不慣れな仕事からくるストレスに苦しむことなく安心して働くことができます。そうは言っても、人件費負担をできるだけ軽くするために、必ずしも適正配置とは言えない業務分担をしているケースも少なくないでしょう。例えば、経理の仕事は、単純なお金の計算ができれば誰でもできると勘違いされて、内勤スタッフがやむを得ず引き受けている場合がよくあります。
しかし、こんな場合、記帳代行のような、業者への外注という方法も選択可能なことは認識しておく方がいいでしょう。確かに、会社の取引の内容如何によっては、兼任による経理処理でも事足りるかもしれません。
しかし、特に記帳業務は、仕分けの際に判断に迷うところも多い上に、会計ソフトの扱いに慣れるにはそれなりの時間と労力を割く必要があります。記帳代行サービスを導入すれば、あらためて必要な知識やスキルを身につけてもらうまでもなく、そうした能力を備えたスタッフに記帳を任せることができます。
適時適所、適正配置について考えるとき、記帳代行のように、外注業者を使うことを前提に割り振りすれば、無理のないアレンジが可能になるでしょう。

インフォメーション

  • 負担の多い経理業務は記帳代行を利用して効率化を図ろう

    会社の経営をしていく上で欠かせない経理業務ですが、間違いが有ると修正作業をしなければならなかったり、書類の日にちの締め切りが有るなど経理を負担する経理部の負担はとても大きなものです。会社の中には…

    MORE
  • 開業時から検討したい記帳代行サービスの利用

    経理業務のかなりの部分は、アウトソーシングを利用して対処可能です。外注可能な経理業務の種類も沢山ありますが、特に記帳代行の導入は、会社のリソース管理の上でメリットが大きいのでおすすめです。…

    MORE
  • 負担の大きな記帳業務を外注できる記帳代行が便利

    業務の負担が大きくなってきた場合、担当するスタッフの数を増やして一人当たりの業務量を減らすのも一つのやり方です。ただし、これは人を採用して雇用し続ける費用を十分に賄える場合の話で、そのようなゆと…

    MORE
  • 採用なしに人手を補える記帳代行を利用しよう

    現状の経理関連業務の処理量の多さを考えると、今の人数では到底足りないと分かってはいても、新規でスタッフを追加雇用するだけのお金の余裕がない場合もあるでしょう。そんなときは、雇用という方法を取らず…

    MORE

ピックアップ

負担の多い経理業務は記帳代行を利用して効率化を図ろう

会社の経営をしていく上で欠かせない経理業務ですが、間違いが有ると修正作業をしなければならなかったり、書類の日にちの締め切りが有るなど経理を負担する経理部の負担はとても大きなものです。会社の中には経理部を持たず、経営者または、経営者の家族が経理を担当しさらに負担を感じている会社も多くある様です。…

MORE

開業時から検討したい記帳代行サービスの利用

経理業務のかなりの部分は、アウトソーシングを利用して対処可能です。外注可能な経理業務の種類も沢山ありますが、特に記帳代行の導入は、会社のリソース管理の上でメリットが大きいのでおすすめです。仕事の割り振りに関しては、常に誰かを採用するか外注するかの選択を迫られることになります。スタッフの…

MORE

負担の大きな記帳業務を外注できる記帳代行が便利

業務の負担が大きくなってきた場合、担当するスタッフの数を増やして一人当たりの業務量を減らすのも一つのやり方です。ただし、これは人を採用して雇用し続ける費用を十分に賄える場合の話で、そのようなゆとりがないなら、外注利用の方向で考えましょう。例えば、経理業務の中で情報処理量や作業量が非常に多い記帳…

MORE

採用なしに人手を補える記帳代行を利用しよう

現状の経理関連業務の処理量の多さを考えると、今の人数では到底足りないと分かってはいても、新規でスタッフを追加雇用するだけのお金の余裕がない場合もあるでしょう。そんなときは、雇用という方法を取らずに人手を増やす方法があります。すなわち、アウトソーシング・サービスの利用です。経理業務に関して言えば…

MORE